「マネーフォワードビジネスVISAカード」は初年度年会費無料・決算書不要で作成できる!クラウドサービスと連携すれば明細の自動仕分けも可能。

家計簿アプリで有名な「マネーフォワード(Money Forward)」からビジネスカードが登場しました。

ビジネス用のマネーフォワード クラウド会計と連携させれば、明細データや勘定科目を自動提案してくれます。

今回は「マネーフォワードビジネスVISAカード」について解説していきます。

ビジネスカード(法人用カード)とは?

法人用クレジットカードとは、その名の通り会社法人名義で発行されるクレジットカード。

契約できるのは個人事業主や会社法人で、事業用の決済に利用されることが前提のクレジットカードです。

法人用クレジットカードを発行することで、会社の経理処理が楽になったり、ポイント還元がされたりとさまざまなメリットが享受できます。

個人事業主や会社の社長である人は、業務効率化のためにも法人用クレジットカードの作成をオススメします。

ビジネスカードで業務を効率化しよう!

ビジネスカードを会社や業務で使用すると支払いが1本化されるだけでなく、その後の会計処理にまでメリットがあります。

マネーフォワードクラウド会計/確定申告と連携させれば更なるメリットが期待できます。

マネーフォワードビジネスVISAカードの基本スペック

年会費

年会費は1,250円(税別)です。 一般的なビジネスカードと比較するとやや安い部類に入ります。 はじめてのビジネスカードにぴったりの気軽に持てる年会費ですね。

申込資格

ビジネスカードの中には個人事業主は申し込めないカードもあります。 マネーフォワードビジネスVISAカードは、個人事業主も申し込むことができます。 また申込時に決算書等が不要なため、Web経由ですぐに申込ができます(約2週間で手元に到着)。

国際ブランド

国際ブランドは「VISA」のみで選択はできません。 ただし、VISAは世界での国際ブランドシェア率1位のため、海外出張時も安心です。

マネーフォワードビジネスVISAカードのメリット

マネーフォワードビジネスVISAカードには、マネーフォワードが提供しているカードだからこそついてくる特典がいくつもあります。

マネーフォワードクラウドの優待

データの自動取得、自動入力、仕分支援を行ってくれます。 このマネーフォワードクラウド(バリュ―パック)を3ヶ月間無料で使用できます。

ジャパンネット銀行(PayPay銀行)の振込手数料が割引

ジャパンネット銀行はインターネット銀行です。 法人・個人事業主向けのビジネス用の口座も用意されており、来店不要で開設できるのが魅力。 もともとも振込手数料が安い銀行ですが、カードの保有でさらに割引してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です